九州地震 被災者(受援者)の皆さんへ


 

006 被災地に関する報道のこと

熊本を中心とした地震被害に遭われた皆さんに東日本大震災の被災経験が役に立てばと思い情報を発信します。系統立てて整理する余裕もありませんので、思いつく順番で発信していきますのでご容赦ください。

東日本大震災で被災して初めて報道のカメラを向けられる経験をしました。
そして、被災地で活動をしている地元のNPOとして数多くのメディアの皆さんから取材を受けました。
それまでは災害現場の報道というのは《見る側》としての目線だけでした。
奥尻地震、阪神淡路大震災、中越、中越沖地震、その他多くの自然災害。。。

多くの災害現場の報道をテレビで見る側だった頃は心配と興味でテレビから流れる被災地の映像を食い入るように見ていました。
でも、3日、5日、10日と時間が過ぎるごとに報道から目を背けるようになります。
決してどうでも良いとか、関係ないということではなく、その悲惨な光景をみることにたえられなくなっていくからです。。。

だから、東日本の報道がだんだんと少なくなっていくときも《他の時自分もそうだったからこれは仕方が無いなぁ》とその点は気持ちに折り合いがつきました。

そして、見られる側、取材される側になってはじめて気づくことも多く有りました。

取材する側にもいくつかの種類がある。ということ。。

例えば、
初めましての言葉と同時に《既にカメラがまわっている》メディア。
涙が流れる瞬間までカメラを向け続けるメディア。
あなたは被災者なんだから取材を断る理由はない。と言い切るメディア。。。

かたや、
きちんとアポを取って意図を伝え、事前に原稿をチェックしてくれ。というメディア。
物資配送の現場に同行しても取材車両を遠くに止め、カメラを回す際にきちんと被災者さんに挨拶をしてくれたメディア。。

本当に様々です。

中にはこんな裏事情を話してくれた取材チームがいます。

現場に出ている私は被災者にカメラを向けることにためらいを感じているが、求められる取材内容を提出できなければ次の仕事がない。。と
(大手メディアの下請けで取材している制作会社さんのチームでした)

また、テレビ、新聞の現場取材者さんは短くて10日、長くても1ヶ月のローテーションで現場に入ります。
同じ会社の名刺を持っていても取材される側は毎回必ず同じ説明をしてからあ取材を受けます。

別にメディアをかばっているつもりはありません。
私自身、被災地の邪魔をするメディアの取材は受けられない。と
突っぱねたメディアも数多く有りますから。

ただ、中には真摯に現場に向き合って下さる方がいるのも事実です。

なので、被災地の皆さんにお伝えしたいのは

メディアの種類と自分たちが本当に伝えたいことを理解してくれる取材者を見極めて仲間になってもらうことが必要だよ。

ということです。

いやでも時間とともにメディアの露出は減っていきます。
その時に《震災の風化》を防ぐ手助けをしてくれるのは被災地に真摯に向き合う子持ちを持っているメディアの方々です。

復旧、復興までの長い道のりをともに歩んでくれるメディアは少ないと思いますが、その時に寄り添ってくれる方も必ずいますから。。。

では、また書きます。